読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲーム・エントランス

ボードゲームやカードゲームを中心としたアナログゲームを紹介しています。なお、2016年1月28日以前の記事は、株式会社インプレスが運営していた“ゆるこいぶろぐ”に掲載していた記事を、許諾を得て転載したものです。

ゲームマーケット公認レポーターになりました

 この秋から"ゲームマーケット公認レポーター"制度というものが開始されたのですが、筆者もその一員として活動することになりました。公認レポーターとは、数多くあるゲームのうち埋もれがちなものを中心に、さまざまな視点からスポットライトを当てていこうという企画です。

gemumareporter.jpg

 

続きを読む

ゲームマーケット大賞が発表された"ゲームマーケット2015秋"に行ってきました

 11月22日に開催されました、アナログゲームのイベント"ゲームマーケット2015秋"に行ってきました。今回は"ゲームマーケット大賞"の発表が昼からあるとのことで、いつもよりも若干はやめに会場へ到着したところ、入り口のカタログ販売所に行列をみつけました。今回も大盛況の予感がします。

 

gamemarket15a01.jpg

 

続きを読む

『枯山水』など5作の候補から"ゲームマーケット大賞"をゆるこく予想

 11月22日と直前に迫った"ゲームマーケット2015秋"では、"ゲームマーケット大賞"が発表されます。先日、大賞候補作品である優秀作品をすべて遊ぶ機会がありましたので、賞レースを予想しつつ各作品について感じたことを書いていきます。

 

gamemarketaward15_yosou01.jpg

 

続きを読む

"ゲームマーケット2015秋"は11月22日開催で、"ゲームマーケット大賞"が発表

 アナログゲームのイベント"ゲームマーケット2015秋"の開催まで1カ月となった22日に、秋葉原Role&Roll Stationやイエローサブマリンなどの各ゲームショップなどで、公式カタログが発売されました。今回は11月22日(日)の開催で、会場は東京ビッグサイトの西2ホールから東4ホールに代わり、若干狭くなったこともあってか、昨年に続いて出展は抽選になったそうです。

 

gamemarket15aca01.jpg

 

続きを読む

カードゲーム『ビースティーバー』12種類の動物を駆使して行列の先頭を目指す

 今回紹介するのはカードゲーム『ビースティーバー』。動物たちの特殊能力を生かして行列の前を目指す作品で、2人から4人で手軽に遊べます。

 

beastybar01.jpg

 

続きを読む

ボードゲーム『アルティフィキウム』資源の変換を連鎖させて騎士を雇え!

 今回紹介するのはボードゲーム『アルティフィキウム』。木材や小麦を段階的に高級な資源へ変換して騎士や魔術師を雇っていく作品で、2人から6人で遊べます。

 

artificium01.jpg

 

続きを読む

"14へ行け"のゲームブックにちなんだグッズ2015年版は"PIP袋"とTシャツ

 "14へ行け"や"ピップ"、"マーリン"や"E・J"でお馴染みのゲームブックといえば、旧名"ドラゴン・ファンタジー"こと"グレイルクエスト"シリーズです。その日本語版のイラストを担当しているHUGO HALL氏が、毎年この時期に本シリーズをモチーフとしたオリジナルグッズを発表しているのですが、2015年は"恐怖のピーマンTシャツ"と"PIP袋"だそうです。

 

grailquest201501.jpg

 

続きを読む