ボードゲーム・エントランス

ボードゲームやカードゲームを中心としたアナログゲームを紹介しています。なお、2016年1月28日以前の記事は、株式会社インプレスが運営していた“ゆるこいぶろぐ”に掲載していた記事を、許諾を得て転載したものです。

[カードゲーム]

確率を考えながらコマを配置していくビンゴ風カードゲーム『アウグストゥス』

今回紹介するのはカードゲーム『アウグストゥス』。ランダムに引かれるトークンに従ってコマを割り振りながらはやく目的を達成していくゲームで、2013年のドイツ年間ゲーム大賞の候補に挙がった3作のうちの一つです。2人から6人で遊べます。 Role&Roll Stati…

人狼ゲームを手軽に体験できるカードゲーム『ワンナイト人狼』

今回紹介するのはカードゲーム『ワンナイト人狼』。テレビでも『人狼〜嘘つきは誰だ?〜』や『生ジンロリアン〜人狼〜』といった番組が放送されるなど話題の人狼ゲームを、手軽に少人数で遊べる作品で、3人から7人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプ…

大きな数字を取らないようにカードを出していく読み合いのカードゲーム『ブクブク』

今回紹介するのはカードゲーム『ブクブク』。大きな数字を取らないように、選んだカードを一斉に出していく読み合いの作品で、3人から5人で遊べます。

仕込んだトッピングを記憶してピザを作り上げるカードゲーム『マンマミーア!』

今回紹介するのはカードゲーム『マンマミーア!』。みんなで仕込んだトッピングを覚えておき、そのトッピングにあうレシピのピザをタイミングよく作っていく作品で、2人から5人で遊べます。

中華鍋に合う食材を買って料理するカードゲーム『ウィ・ウィル・ウォック・ユー』

今回紹介するのはカードゲーム『ウィ・ウィル・ウォック・ユー』。高い得点の組み合わせになるように食材を買っていく作品で、ロック歌手をパロディにしたカードも目に楽しいです。2人から4人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

ハッタリをかましつつチャレンジする度胸試しのカードゲーム『髑髏と薔薇』

今回紹介するのはカードゲーム『髑髏と薔薇』。伏せられたカードに隠された髑髏(どくろ)を引き当てないようにしていくゲームで、3人から6人で遊べます。

マイナス得点を取るかコインを払うかのジレンマが楽しいカードゲーム『ゲシェンク』

今回紹介するのはジレンマが楽しいカードゲーム『ゲシェンク』。マイナス得点を取らない為にコインを払っていく作品で、3人から7人で遊べます。

妨害をくぐり抜けながらブタたちを泥んこにするカードゲーム『キレイがきらい』

今回紹介するのはカードゲーム『キレイがきらい』。泥んこになるのが大好きな自分のブタを泥まみれにしつつ、他人のブタはキレイにする作品で、2人から4人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

マハラジャのお抱え商人を目指す2人用カードゲーム『ジャイプル』

今回紹介するのはカードゲーム『ジャイプル』。プレイヤーは商人となり、仕入れた商品を高く売って対戦相手より儲け、マハラジャのお抱え商人になることが目的の作品で、2人で遊べます。 Role&Roll Station秋葉原店のプレイルームにて

お手軽に盛り上がるホラー風味のカードゲーム『ミ=ゴの脳みそハント!』

今回紹介するのは、カードゲーム『ミ=ゴの脳みそハント!』。プレイヤーは"クトゥルフ神話"のクリーチャー"ミ=ゴ"となり、儀式のために人間の脳みそをハントしていきます。といってもゲーム自体は、ホラーな設定とは裏腹にお手軽に盛り上がれる作品で、2人…

5種類の役割と29種類の建物を使いこなすカードゲーム『サンファン』

今回紹介するのは、カードゲーム『サンファン』。『プエルトリコ』という人気のボードゲームがあるのですが、自由度が高くて勝ちかたが複数あるため、初心者にはハードルが高いベテラン向けの作品になっています。そんな作品を、もう少し手軽なカードゲーム…

夢が終わる前にすべての扉を見つけだす1人向けカードゲーム『オニリム』

今回紹介するのは、カードゲーム『オニリム』。悪夢を避けつつ、同じ色かつ違うシンボルのカードを並べながら特定のカードを場に出すことが目的の作品で、1人向けのゲームですが、2人用のルールも用意されています。

集めるカードを3色までに押さえるカードゲーム『コロレット』

今回紹介するのは、カードゲーム『コロレット』。自分は数種類のカードだけ取れるように画策しつつ、残りのカードはほかのプレイヤーにとってもらうよう仕向ける作品で、2人から5人で遊べます。

すばやく単語をひねり出せ! カードゲーム『ワードバスケット』

今回紹介するのは、カードゲーム『ワードバスケット』。しりとりをアクション性のあるカードゲームにした親しみやすい作品で、2人から8人で遊べます。 プレイヤーは5枚のカードを持ってスタートします。使うカードは、ひらがなが一文字ずつ書かれた文字カー…

幻想的なイラストを付かず離れずな言葉で表現するカードゲーム『ディクシット』

今回紹介するのは、カードゲーム『ディクシット』。不思議なイラストの描かれたカードを使う作品で、3人から6人で遊べますが、多人数で遊ぶとより楽しいでしょう。 ゲームの目的は、自分の出したカードがなにを描いているのかを説明して当ててもらうことです…

すばやく同じマークを見つけだせ!アクション系カードゲーム『ドブル』

今回紹介するのはカードゲーム『ドブル』。ルールは簡単で分かりやすいですが、勝つにはすばやく観察する力が必要です。2人から8人で遊べますが、大人数でワイワイ盛り上がるのがよいでしょう。

数々のゲーム賞を受賞したデッキ構築型カードゲームの元祖『ドミニオン』

今回紹介するカードゲーム『ドミニオン』は、2人から4人でがっちり遊べる手応えのある作品です。3人以上で遊ぶことをオススメしますが、主な大会では4人でのプレイが標準のようです。 本作は、デッキ構築型という新しいコンセプトを世に送り出した、エポック…

ハッタリの応酬を堪能できるカードゲーム『ごきぶりポーカー』

『ごきぶりポーカー』は、度胸と勘でハッタリをかましかまされる心理戦のカードゲームです。ルールは簡単で、2人から6人で遊べますが、参加者は多いほうが楽しい作品です。

不要なカードはタダであげてしまえ!カードゲーム『ボーナンザ』

今回ご紹介するのはカードゲーム『ボーナンザ』。3人から5人で一時間弱じっくり遊べる作品です。ゲームの目的は、畑で豆を育てて高値で売却すること。最終的に最も稼いだプレイヤーの勝利となります。

『ハゲタカのえじき』で遊んできました

先日紹介しましたカードゲーム『ハゲタカのえじき』で遊んできました。参加者3人と少なめな人数で1回だけ遊んだのですが、それでもしっかり盛り上がるところがすばらしいです。

予想外の展開が続出、6枚目を出したら負けのカードゲーム『ニムト』

今回紹介するのはカードゲーム『ニムト』。何度もワッと盛り上がる作品で、2人から10人で遊べますがなるべく多くの人数で遊ぶことをオススメします。 ゲームの目的は、なるべくカードをゲットしてしまわないことです。カードには牛のマークが1つから7つ描か…

他人とカブらないようにして得点を稼ぐカードゲーム『ハゲタカのえじき』

初めまして、いつもは窓の杜を担当しております橋本です。濃いことをゆるく書いていいとのことですので、アナログゲームと呼ばれるジャンルから、カードゲームやボードゲーム、そしてゲームブックなんかをゆるゆる紹介していくつもりですのでよろしくお願い…