ボードゲーム・エントランス

ボードゲームやカードゲームを中心としたアナログゲームを紹介しています。なお、2016年1月28日以前の記事は、株式会社インプレスが運営していた“ゆるこいぶろぐ”に掲載していた記事を、許諾を得て転載したものです。

[カードゲーム]

カードゲーム『黄金とドラゴン』:じゃんけんベースのシンプルな推測ゲーム

“ゲームマーケット公認レポーター”のレポート4回目として紹介するのは、カードゲーム『黄金とドラゴン』。じゃんけんのような三すくみを読み合うシンプルな作品で、3人から5人で遊べます。今回は3人で遊び、各メンバーの評価は5点満点で3点が1人、2点が2人で…

カードゲーム『御家騒動』:5枚7種のカードを使う手軽な読み合いが楽しい

"ゲームマーケット公認レポーター"のレポート3回目として紹介するのは、カードゲーム『御家騒動』。裏向きに出される対戦相手のカード内容を予想しつつ、5枚の手札を出していく作品で、3人から5人で遊べます。今回は3人で遊び、各メンバーの評価は5点満点で5…

カードゲーム『お好きにどーぞ』:拡大再生産+妨害+負け決め=食い合わせ悪い?

"ゲームマーケット公認レポーター"のレポート2回目として紹介するのは、カードゲーム『お好きにどーぞ』。自分の会社を大きくしたり他社を妨害したりして最下位を決める軽量級の作品で、3人から4人で遊べます。今回は3人で遊び、各メンバーの評価は5点満点で…

カードゲーム『アニマル フィールド』:動物のセットを作って動物園を運営

"ゲームマーケット公認レポーター"のレポート1回目として紹介するのは、カードゲーム『アニマル フィールド』。購入した動物を展示して資金を稼ぎながら動物園を運営する中量級の作品で、2人から4人で遊べます。今回は3人で遊び、各メンバーの評価は5点満点…

カードゲーム『ビースティーバー』12種類の動物を駆使して行列の先頭を目指す

今回紹介するのはカードゲーム『ビースティーバー』。動物たちの特殊能力を生かして行列の前を目指す作品で、2人から4人で手軽に遊べます。

カードゲーム『ヤードマスター』:先を見越して効率よく鉄道の貨物車を購入していく

今回紹介するのはカードゲーム『ヤードマスター』。効率よく入手した貨物車を高得点になるようパズルのように組み合わせる作品で、2人から5人で手軽に遊べます。

カードゲーム『辛いだけでいいのか?』:獲得する最多と最小の予想に悩む

今回紹介するのはカードゲーム『辛いだけでいいのか?』。公開情報である手札カードの色などをヒントに戦略を立てていくトリックテイキングで、3人から4人で遊べます。

カードゲーム『インフェルノ』:セクシーな悪魔に注意するチキンレースが熱い

今回紹介するのはカードゲーム『インフェルノ』。場のカードをなるべく取らないようにするお手軽ですが熱くなる作品で、3人から7人で遊べます。

カードゲーム『コヨーテ』:自分のカードがわからないのが楽しい読み合いゲーム

今回紹介するのはカードゲーム『コヨーテ』。自分のカードは見ずに対戦相手のカードだけを見て、すべてのカードの合計を推測する作品で、2人から10人で遊べます。

手札を交換して合計が少なくなるようにするカードゲーム『ゼロ』

今回紹介するのはカードゲーム『ゼロ』。場の状況を読みながら早く手堅くまとめるか、それとも達成するとに見返りが大きい"ゼロ"を目指すかの駆け引きが熱い作品で、3人から5人で遊べます。

特殊カードを駆使して自分だけ儲けようと画策するカードゲーム『交易王』

今回紹介するのはカードゲーム『交易王』。なるべく自分だけ儲けられるよう商品を売却していく作品で、2人から4人で遊べます。

トリックを取るか取らないかの戦略を選べるトリックテイキング『ダイアモンド』

今回紹介するのはカードゲーム『ダイアモンド』。トリックを取ったり、トリックを取らないようカードを出したりしながら何種類かのアクションを実行して得点を稼いでいくトリックテイキングで、2人から6人で遊べます。

カードを積んで高い建物を造りヒーローを手助けするゲーム『キャプテン・リノ』

今回紹介するのはカードゲーム『キャプテン・リノ』。高層マンションの壁と屋根を崩さないようにカードで作っていく作品で、2人から5人で遊べます。

攻撃されることが不利にも有利にもなるカードゲーム『アブルクセン』

今回紹介するのはカードゲーム『アブルクセン』。一風変わったルールで奥の深い作品で、2人から5人で遊べます。

多色カードだらけで先が読めないトリックテイキング『クレージーラボ』

今回紹介するのはカードゲーム『クレージーラボ』。取るとマイナス得点になるカードを避けつつプラス得点になるカードを獲得していく作品で、3人から5人で遊べます。

他人の戦術を予想しつつ6枚のカードを並べるカードゲーム『ローマよ去れ!』

今回紹介するのはカードゲーム『ローマよ去れ!』。対戦相手と戦術がカブらないようにしながらカードを並べていく作品で、1人から4人で遊べますが、3人でのプレイが推奨されています。

リスやハチたちに手伝ってもらいチョコを作るカードゲーム『ネズミのパティシエ』

今回紹介するのはカードゲーム『ネズミのパティシエ』。ヘルパーカードを上手く使いつつカードの3枚組を作っていく作品で、2人から6人で遊べます。

貴重品カードのセットを作って奪い合うカードゲーム『ビッグデール』

今回紹介するのはカードゲーム『ビッグデール』。なるべく高額な貴重品カードのセットを作りつつ、セットを奪ったり奪われないようにする作品で、2人から6人で遊べます。

寝ないようにしながら羊を数えるカードゲーム『ひつじグーグーグー』

今回紹介するのはカードゲーム『ひつじグーグーグー』。特殊カードを交えつつカードを昇順・降順で出していく作品で、2人から5人で遊べます。

特殊カードを駆使して宣言した数だけトリックを取るカードゲーム『スカルキング』

今回紹介するのはカードゲーム『スカルキング』。ラウンドが進むにつれてトリックの数が増えていくタイプのトリックテイキングで、2人から6人で遊べます。

罠を避けつつ多くのチーズを集めるカードゲーム『チーズがいっぱい』

今回紹介するのはカードゲーム『チーズがいっぱい』。運と確率を読みながら穴あきチーズを集めていくお手軽な作品で、2人から6人で遊べます。

夏の思い出をたくさん集めていくカードゲーム『なつのたからもの』

今回紹介するのはカードゲーム『なつのたからもの』。同じ色のカードをめくらないようにしながら、狙ったカードが出るまでめくっていく作品で、3人から5人で遊べます。

分配と競りで2度楽しめるカードゲーム『ビブリオス』

今回紹介するのはカードゲーム『ビブリオス』。前半でカードを仕込み後半で競りをする作品で、2人から4人で遊べます。 撮影には旧版を使用

シンプルながら読み合い・探り合いが楽しいカードゲーム『ボツワナ』

今回紹介するのはカードゲーム『ボツワナ』。狙った動物だけ高ポイントになるようカードを出していく作品で、2人から5人で遊べます。

裏をかいたつもりが何故かバッティングするカードゲーム『ゴー・ストップ』

今回紹介するのはカードゲーム『ゴー・ストップ』。他人と同じ数字を選ばないようにしながら大きな数字を獲得していく作品で、2人から6人で遊べます。

船で資金を稼ぎ、雇った人物で探検に出かけるカードゲーム『ポートロイヤル』

今回紹介するのはカードゲーム『ポートロイヤル』。失敗するリスクを加味しつつ、いいカードが出るまで粘るか、ある程度のところで妥協するかを選択していく作品で、2人から5人で遊べます。

6種類のトークンを取るか使うかが悩ましいカードゲーム『宝石の煌めき』

今回紹介するのはカードゲーム『宝石の煌めき』。宝石トークンでカードを購入してポイントを稼いでいく作品で、2人から4人で遊べます。2014年のドイツ年間ゲーム大賞の候補に挙がった3作のうちの1つです。

自分のカードさえ分からなくなる、記憶と推理のカードゲーム『マスカレイド』

今回紹介するのはカードゲーム『マスカレイド』。ゲームが進むと他人の使っているキャラクターはもちろん自分のキャラまで分からなくなってくる作品で、2人から13人で遊べますが、慣れるまでは4人から8人で遊ぶことが推奨されています。

ペアは得点、端数は減点、記憶力が頼りの競りカードゲーム『ノアの方舟』

今回紹介するのはカードゲーム『ノアの方舟』。記憶力を頼りに動物カードのペアを作っていく作品で、2人から5人で遊べます。

建築に必要な能力を備えた労働者を派遣するカードゲーム『中世の建築士たち』

今回紹介するのはカードゲーム『中世の建築士たち』。建物を建てて資金や勝利点を稼ぐ作品で、2人から4人で遊べます。

6種の職人の能力を生かしてギルドを完成させるカードゲーム『ギルドマスター』

今回紹介するのはカードゲーム『ギルドマスター 完全日本語版』。職人カードを集めてギルドを作っていく作品で、2人から4人で遊べます。

違う情報元から異なった推理が展開されるカードゲーム『藪の中』

今回紹介するのはカードゲーム『藪の中』。限られた情報と対戦相手の行動から犯人を推理する作品で、3人から4人で遊べます。

ロバのカードがカギになる3人向けカードゲーム『ゴールド』

今回紹介するのはカードゲーム『ゴールド』。手札にあたるカードを公開した形で遊ぶ作品で、2人から3人で遊べます。

記憶力と推理力と運で気球を飛び立たせるカードゲーム『気球で大空へ』

今回紹介するのはカードゲーム『気球で大空へ』。記憶力や運を頼りに気球の上下を繋げていく作品で、2人から4人で遊べます。

善と悪のチームで競い合うトリックテイキング『ホビットの冒険 カードゲーム』

今回紹介するのはカードゲーム『ホビットの冒険 カードゲーム』。J・R・R・トールキンのファンタジー小説をテーマにしたチーム戦の作品で、2人から5人で遊べますが、標準ルールは3人以上向けです。

名人級の難易度を堪能できる大混乱のゲーム『おばけキャッチ名人技』

今回紹介するのはカードにしたがってコマを取り合うゲーム『おばけキャッチ 名人技』。以前紹介したゲーム『おばけキャッチ』の上級版にあたる作品で、2人から8人で遊べます。

最強の銀河帝国を構築するカードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』

今回紹介するのはカードゲーム『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』。5種類のアクションを駆使して銀河帝国を発展させていく作品で、2人から4人で遊べます。

"漢(おとこ)"らしさを競い合うカードゲーム『ダンジョンオブマンダム』

今回紹介するのはカードゲーム『ダンジョンオブマンダム』。なるべく少ない装備でのダンジョン攻略を競い合う作品で、2人から4人で遊べます。

同色カードを出してはいけないトリックテイキング『ポテトマン』

今回紹介するのはカードゲーム『ポテトマン』。カードの出し方がちょっと変わっているトリックテイキングの作品で、2人から5人で遊べます。

カードを出すタイミングを調節できるトリックテイキング『ティンダハン』

今回紹介するのはカードゲーム『ティンダハン』。カードを出したくないときは出さなくてすむトリックテイキングの作品で、3人から5人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

"パズドラ"のデッキ構築型カードゲーム『攻略!メタドラダンジョン』

今回紹介するのはカードゲーム『攻略!メタドラダンジョン』。大人気スマホアプリのゲーム『パズル&ドラゴンズ』をベースとした作品で、2人から4人で遊べます。先日開催された"ゲームマーケット2013秋"で先行販売されていたもので、正式発売は11月15日です…

遺跡を探索して16枚のカードから失われた遺産を見つけだすカードゲーム『ロストレガシー』

今回紹介するのはカードゲーム『ロストレガシー』。総数16枚のカードで遺跡を探索する作品で、以前紹介した『Love Letter』のシステムがベースになっています。2人から4人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

金鉱堀とお邪魔者に分かれて金塊を取り合うカードゲーム『お邪魔者』

今回紹介するのはカードゲーム『お邪魔者』。金鉱堀とひっそり紛れたお邪魔者が金塊を獲得するため通路をつなげていく作品で、6人から10人で遊べます。

お金を使いすぎると負ける競りカードゲーム『ハイソサエティ』

今回紹介するのはカードゲーム『ハイソサエティ』。手持ちの資金を使いすぎないよう注意しながら贅沢品を競り落としていく作品で、3人から5人で遊べます。作者は『酔いどれ猫のブルース』のライナー・クニツィア氏ですので、ジレンマたっぷりな作りです。 Ro…

競り落とした建物を転売して稼ぐカードゲーム『フォー・セール 日本語版』

今回紹介するのはカードゲーム『フォー・セール 日本語版』。二種類の競りを手軽に楽しめる作品で、3人から6人で遊べます。

不法投棄しないようにゴミを処理していくカードゲーム『アール・エコ』

今回紹介するのはカードゲーム『アール・エコ』。不法投棄をしないようにゴミを処理して得点を稼ぐ作品で、海外製品ですが作者は日本人です。3人から5人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

ハエのたかった牛を押しつけるお手軽カードゲーム『MOW』

今回紹介するのはカードゲーム『MOW(モウ)』。場に並んだカードの数字にしたがって手札を出していくというシンプルなルールながら盛り上がる作品で、2人から5人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

1人用デッキ構築型カードゲーム『ロビンソン漂流記 完全日本語版』

今回紹介するのは、カードゲーム『ロビンソン漂流記 完全日本語版』。1人用のデッキ構築型カードゲームという異色作です。

競り落とした仕事の成果はダイス次第のカードゲーム『ビッグ・チーズ』

今回紹介するのはカードゲーム『ビッグ・チーズ』。競り落とした仕事の成果をダイスで決める作品で、3人から6人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて

ジョーカーを上手く使いカードを競り合うカードゲーム『酔いどれ猫のブルース』

今回紹介するのはカードゲーム『酔いどれ猫のブルース』。便利だけど使いすぎは禁物なジョーカーを上手く使ってカードを競り落としていく作品で、2人から6人で遊べます。 Role&Roll Station横浜店のプレイルームにて